育毛ガイド 薄毛の原因、シャンプー、サプリメント、育毛剤の最新情報

パーマやヘアカラーで傷んでしまった髪(ダメージヘアー)の対処法について説明しています

ダメージヘアー

ダメージヘアーに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?パーマ、ヘアカラー、ドライヤー、紫外線など髪が傷む要因はいくつもあります。特に毎日のシャンプーは髪にとって重要なので注意をしましょう。

洗髪時に爪を立てて頭皮を洗ったり、激しく髪をこするなどした場合、頭皮を傷つけたり、キューティクルが剥がれてしますうことになります。頭皮は毛髪が生えてくる土壌であり、キューティクルは外部の刺激から髪を保護する役割を担っています。

キューティクルは摩擦に弱いので、髪を強くこすると剥がれ落ちてしまうのです。また、洗髪直後の水分を含んだ髪はとても傷つきやすいため、ドライヤーの強い熱を同じ箇所に当て続けたり、乾ききっていない髪にブローやブラッシングを繰り返し行うことでもキューティクルを痛めます。

洗髪後はタオルなどで十分に水気をとり、ドライヤーでさっと乾かす程度にして、あとは自然乾燥をするようにしましょう。ダメージヘアーになってしまったときは、シャンプー後にコンディショナーやトリートメントでヘアケアを行います。

コンディショナーやトリートメントを使う際には、頭皮につかないように注意して下さい。また、行きつけの美容院などでも、美容師の方と相談しながら専門的なヘアケアを受けるようにすると、徐々にダメージヘアーは回復してきます。

育毛 ワンポイント

Copyright 2008-2013 育毛ガイド 薄毛の原因、シャンプー、サプリメント、育毛剤の最新情報 All Rights Reserved.